【心霊スポット】悲しき姫の伝説が残る場所、源氏の滝。【大阪府】

オカルト系
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

源氏の滝

おはこんにちばんは!!

今回は大阪府の心霊スポットの紹介をしていきます。

その名も源氏の滝です。

源氏の滝は交野八景にも選ばれてる場所で、滝の落差は18mもあります。

源氏というとやはり武士の源氏をイメージしますが、何か関係があるのでしょうか?

なにやらこの滝には悲しい伝説があるとか?

実際に調査してきました!

スポンサーリンク

◇源氏の滝の場所◇

場所は地図の通りです。

周りは住宅街で近くには駐車場が全く無いので注意してください。

最寄り駅からも2km程歩かないといけないので、立地は最悪ですね…

◇源氏の滝の噂、心霊現象◇

源氏の滝の主な噂、心霊現象を集めてみました。

  1. 滝から転落死した子供の霊が出る。
  2. 河原に人魂が出る。
  3. 夜になると泣き声が聞こえてくる夜泣き石という石がある。
  4. 滝の近くで写真を撮るとオーブがよく写る。

ネットの噂を集めるとこんな感じです。

滝から転落死した子供がいるというのは本当の話、というネット上の書き込みがありました。

ですが、情報源や証拠が示されていなかったので事実かは不明です。

四つめの噂の滝の近くで写真を撮るとオーブがよく写るという噂ですが、滝の近くは水が跳ねるのでその水滴が光に反射してオーブになって写ってしまいます。

この場所はやはり夜泣き石が一番メインの噂ですかね。

源氏の滝の由来が夜泣き石の噂に関係してるのでお話ししておきますね。

名前の由来には二つの説があります。

一つめの説は開元寺というお寺が近くにあったので元寺滝と呼ばれていたのが、いつの間にか源氏の滝と呼ばれるようになったという説。

二つめの説は源氏姫の伝説からきているという説。

めっちゃ簡単にですが源氏姫の伝説の説明をしていきます。

この交野の里に源氏姫という綺麗なお姫様と梅千代という可愛い少年がいました。
2人はお互いに親がいないという境遇も似ていることもあってか仲良くなり、一緒に暮らしていました。
ある日、山賊の集団がこの里を襲い、源氏姫も梅千代も山賊に捕まってしまいました。
源氏姫と梅千代は山賊の女頭領の所へ運ばれますが、梅千代は捕まった時のショックで死んでしまいます。
女頭領が源氏姫と梅千代を見ると顔色を変え驚きました。
実は源氏姫と梅千代は腹違いの姉弟で女頭領は2人の母親だったのです。
そのことに気付いた女頭領は亡くなってしまった梅千代を抱き上げ泣き出しました。
その光景に源氏姫は驚き戸惑いましたが、事実を知らない源氏姫は梅千代の仇を取るために持っていた短刀で女頭領を刺します。
女頭領は息絶える前に梅千代が源氏姫の弟で実は自分が母親だということ、ずっと2人に会いたいと思っていたことを伝え亡くなります。
源氏姫はその事実を知り、弟を亡くし、更に母親を自らの手で殺めてしまったショックで滝に身を投げ2人の後を追ってしまいます。
それからこの滝は源氏の滝と呼ばれ、この近くにある石から夜になると源氏姫の泣き声が聞こえてくるので、夜泣き石と呼ばれる様になったと言われています。

源氏の滝夜泣き石にはこんな悲しいお話が伝わっているんですね…

武士の源氏に関係してるのかと思いきや、全く関係が無いのが分かりました。

◇実際に源氏の滝に行ってみた◇

では実際に行ってみた時の様子です。

周りに駐車場が無いので行くのに本当に苦労しました(笑)

適当に遠くの駐車場に停めて20分以上歩きます。

 

やっと着きました。

道なりに歩いていくと左手に神社の遥拝所があります。

 

さらに少し歩くと夜泣き石と説明の看板が見えてきます。

看板を挟むようにある二つの石が夜泣き石です。

看板の内容はさっき私が話した源氏姫の伝説の内容です。

一応、看板の説明を書きあげます。

「伝説乃河内」という本に、次のような話が書かれている。
昔、このあたりに、源氏姫と梅千代という二人の若者が住んでいた。
あるとき、大和と河内の境、大蛇山に住む女山賊の手下どもが、二人をかどわかし、山に連れ去る途中、梅千代は死んでしまった。
源氏姫は無念に思い山寨に着くと山賊の頭の胸を刺した。
頭はすでに、梅千代も源氏姫も自分の子であることを知っていたので、息も絶え絶えに、このことを明した。
それを聞いた源氏姫は、刺し殺した女が自分の母であったのかと、その罪を詫びて、源氏の滝壺に身を投じたという。
この付近には、夜になると泣き声がするという石が多い。
この夜泣き石にも右の伝説に出てくる悲しい物語が秘められているのだろう。

何度読んでも悲しいお話ですね…

ですが、私以外の泣き声は特に聞こえてきません。

夜泣き石に手を合わせ、更に先に進んでいきます。

 

お地蔵様等が沢山置かれてるのが夜に見ると少し不気味な印象です。

夜だとこんな雰囲気ですが、昼間は空気が綺麗で景色も美しい場所みたいですよ!

夏になると子供達がサワガニを取ったり水遊びをするそうです。

 

歩いているといきなり大きな岩が出てきます。

写真だと分かりにくいですが、岩の上に乗ってるのは不動明王です。

石の標識?に書かれた文字を見ると交野八景だけではなく、大阪みどりの百選というのにも選ばれているみたいですね。

左右を見ると大きな石がゴロゴロしていて、落石注意の看板に恐怖します(笑)

 

滝が見えてきました。

行ったのが2月なので寒くて寒くてたまりません。

近くには不動明王の石仏が並んでいます。

今思うと山形県の滝不動という心霊スポットと福井県の一乗滝という心霊スポットを混ぜた感じの心霊スポットだなと思いました。

 

滝壺と滝の上の写真です。

特に何も写ってないですかね?

この滝は修験道の修行にも使われたりするそうです。

◇最後に◇

悲しい噂のある心霊スポットでしたが、夜泣き石も泣きませんし、これといった心霊現象も無く帰ってこれました。

天国で源氏姫と梅千代と女頭領の3人で仲良く暮らしてると良いですね。

では終わります、お憑かれ様でした。

コメント