【心霊スポット】池の畔の廃墟、一龍旅館。【大阪府】

オカルト系
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

一龍旅館

皆さん、おはこんにちばんは!

今回紹介するのは大阪府にある心霊スポットの一龍旅館です。

正式名称は国際ホテル一龍といいます。

前回の記事で紹介したほととぎす旅館と比較的場所も近く、よく一緒に行かれることが多いみたいですね。

ほととぎす旅館の記事のリンクも貼っておくので良ければそちらもどうぞ。

【心霊スポット】白い服の女性の霊が出る?ほととぎす旅館。【大阪府】
ほととぎす旅館 今回は大阪府で有名な廃墟の心霊スポット、ほととぎす旅館に行ってきました。 正式名称は山中渓温泉ほととぎす、山中渓温泉旅館ホトトギスと言われています。 昔、この辺りは山中渓温泉と言って数件の旅館が立ち並び、大阪の...

一龍旅館は池の畔に佇む特徴的な廃墟ですが、この場所にはどのような噂があるのか実際に調べてみました!

スポンサーリンク

◇一龍旅館の場所◇

場所は地図の通りです。

水間公園という公園に隣接しており、廃墟へ行くには水間公園の中を通っていきます。

池の畔に一龍旅館があるのですが、池側からではなく反対の山側から入っていきます。

※一龍旅館は2016年に完全に解体されたという情報もあります。

◇一龍旅館の噂、心霊現象◇

一龍旅館の主な噂、心霊現象を集めてみました。

  1. 経営難に苦しみ、旅館の経営者が一家心中した。
  2. 大規模な火災があり、大勢の方が亡くなった。
  3. 旅館の一室でカップルが服毒自殺をしようとしたが、彼女の苦しむ様子を見て彼氏が逃げ出してしまい、彼女だけが亡くなるという事件があった。
  4. 2階の窓から女性の霊が覗いている。
  5. 写真を撮ると女性の霊が写る。
  6. 旅館に入るとうめき声、足音が聞こえる。
  7. 15年程前に死体遺棄事件があった。
  8. 解体工事を行おうとしても、事故が多発してしまい解体できない。
  9. 2016年頃に完全に解体された。

とりあえずまとめてみましたが、噂多すぎますね…

しかもどこか聞いたことのある、ありきたりな噂のオンパレードっていう。

実はこの他にもまだまだ噂があるのですが、きりがないので他の心霊サイトや心霊ブログでよく取り上げられている噂だけをピックアップしました。

ここまでありきたりな噂が並ぶと逆に胡散臭いですよね。

四つめの噂の2階の窓から覗いている女性の霊は、カップルで服毒自殺を試みたけど彼氏に逃げられてしまった女性の霊だそうです。

その女性の霊が今も逃げた彼氏を窓から覗いて探してるんだとか…

女性の霊が覗いてる話はちょっと怖いですね。

九つめの噂の解体についてですが、一龍旅館はRC(鉄筋コンクリート)棟と木造棟があり間を渡り廊下で繋がれています。

木造棟は2000年代頃に解体され、RC(鉄筋コンクリート)棟は2016年頃に解体されてしまったそうです。

私は2015年4月に行ったので、RC(鉄筋コンクリート)棟の方に行ったという事ですね。

現在は両棟とも解体されてしまったので更地の様です。

有名な廃墟系の心霊スポットがどんどん解体されてしまって、悲しいですね…

◇実際に一龍旅館に行ってみた◇

この心霊スポットに行ったのは2015年4月1日です。

現在は取り壊されてしまっているそうなので、かなり貴重な写真かもしれません…

水間公園に隣接しているので、水間公園の中を通って一龍旅館まで入っていきます。

行ったのは平日の夜にも関わらず、探索をしにきたであろうグループとすれ違ったことから、この場所が人気があるのが分かります。

辺りを散策し、やっとのことで一龍旅館を見つけました。

廃墟のすぐそばには猪の罠が仕掛けられてるとの警告看板が木に貼られています。

怖いですね…

脅しなのか、本当なのか。

 

こちらが一龍旅館の外観です。

何とも言えない薄気味悪い雰囲気を漂わせています。

噂では2階の窓から女性の霊が覗いているそうですが、その様子はないですね。

皆さんも探してみてください。

一安心して、いざ廃墟内に入っていきます。

 

長く続く廊下、真っ暗で闇に引きずり込まれそうな感覚に陥りますね。

 

元は客室でしょうか?

床板は剥がれてボロボロになっています。

 

窓や扉は全て撤去されたのか?

それともやんちゃな侵入者に荒らされたのか?

全て無くなっています。

 

この廃墟では珍しく壁紙の残っている部屋です。

可愛らしい部屋です。

 

こちらは行き止まりの様です。

 

こちらも土砂崩れが起こっていて行き止まりですね。

 

池側の外の様子ですが、暗いのと木が邪魔で分かりづらいですね。

木の間から池と橋らしきものが見えます。

 

階段を上っていきます。

 

本館の外のアーチの部分です。

 

廃墟には落書きが付き物です。

落書きが少ない心霊スポットは本当に出ると言われていますね。

一龍旅館はそこそこ落書きがあります。

 

所々に焦げた跡があります。

大規模な火災があったという噂はここからきてるのでしょうか。

実際は廃墟になってからやんちゃな侵入者によって火をつけられることが多いです。

この廃墟はどうなのかは知りませんが。

 

こちらが最後の写真です。

広めの部屋ですが、こちらも焦げた跡があります。

今回の心霊スポットも特におかしなものは写ってませんよね。

◇最後に◇

数多くの噂がある心霊スポットでしたが、やはり何も起きませんでしたね。

解体しようとしたら事故が起こるっていう噂がありましたが、解体されちゃってるみたいですし…

有名な心霊スポットがどんどん解体されていってしまってるのは少し寂しい気持ちになりますね。

では終わります、お憑かれ様でした。

コメント