プロフィール

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

プロフィール

スポンサーリンク

◇当ブログについて◇

どうも初めまして。

まず私のブログを見に来て頂きありがとうございます!

このブログはオカルトトラベル(旅)を誰よりも愛している私が記録の為に始めたブログです。

主に心霊スポット観光地での記事を投稿しています。

◇オカルト系の記事について◇

心霊スポットの記事に関しましては、自分が心霊スポットを探索する際に一番重要だと思う情報(心霊スポットの場所、心霊の噂、心霊スポットの写真)を分かりやすく解説しています。

特に心霊スポットの場所は自分が探すのに苦労した経験が何十回とあるので、実際に行って場所を確認しGoogleマップに表示させています。

どのサイトやブログよりも心霊スポットの位置情報は正確だと自負していますので、ご活用して貰えればと思います。

※常に最新の情報を提供することができませんので、取り壊されている場合等もありますことをご了承ください。

◇トラベル(旅)系の記事について◇

旅はオールジャンル好きで、神社仏閣、城、遺跡、史跡、名勝、世界遺産、国宝、重要文化財、夜景、絶景、温泉、パワースポット、テーマパーク、水族館、動物園、植物園、公園、博物館、美術館などの観光地を紹介しています。

メインは神社仏閣、日本100名城、続日本100名城です。

主に軽自動車での車中泊旅をしており、日本一周の経験もあるので、そのノウハウも記事にしていきたいと考えています。

 

日本中の心霊スポット、観光地を紹介するでっ!

◇メンバープロフィール◇

◇ブログ管理者Reiのプロフィール◇

【名前】Rei

【性別】秘密

【年齢】20代前半

【出身地】滋賀県

【現住所】京都府

【趣味】オカルト、旅、カメラ、バイク

【各種SNS】Twitterオカルト垢Twitter旅垢Instagramオカルト垢Instagram旅垢

◇怪談朗読担当者Cocoのプロフィール◇

【名前】Coco

【性別】女

【年齢】20代前半

【出身地】京都府

【現住所】大阪府

【趣味】アニメ、ゲーム、映画、バイク、カメラ

【各種SNS】Twitter

◇Reiの自己紹介◇

オカルトが大好きで、本当に愛しています…

一口にオカルトといっても沢山のジャンルがありますよね。

心霊、UMA、宇宙人、超古代文明、陰謀論等々。

パッとあげてもこんなにも出てきます。

私は基本的にオールジャンル好きですが、特に幼い頃から心霊が大好きです♡

20歳の時にずっと夢だった心霊スポット日本一周を決行しました。

どうせ日本一周するなら心霊スポットだけ行くのももったいないと思い、日本中の観光地も巡ることになります!

それが理由で旅好き、観光地好きになります。

行き先々で沢山の出会いもあり、とても楽しい一生忘れられない旅になりました。

現在は京都府の事故物件に住み、ちょこちょこ近場を旅したり、心霊スポットを巡っている日々です。

今の夢はもう一度、日本一周をして色々な所に行く事です。

その夢が叶ったら次は世界一周をしたいと思っています。

ブログを始めた理由にその夢を実現させる手助けになって貰いたいという想いもあります。

なるべく多くの方が私のブログを訪れて楽しんで貰い、それで得た広告収入を旅の資金の足しにさせて頂きます。

記事をシェア、ブログをブックマーク、TwitterInstagramをフォロー、YouTubeのチャンネル登録、各ブログランキングをクリック等、少しでも応援して頂ければ本当に助かります。

◇リンクについて◇

当ブログはリンクフリーです。

相互リンク、相互RSS大募集中です。

どなたでもお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらから。

【ブログ名】
オカルトラベル

【URL】
https://occultravel.com

【RSS】
https://occultravel.com/feed

【ブログ説明】
オカルト×トラベル(旅)をメインとしたブログ。
日本全国の心霊スポット、観光地を紹介しています。

 

めっちゃ募集してるから、連絡してなっ!

◇注意事項◇

当ブログは心霊スポットの行き方等を載せてはいますが心霊スポットへ行くことを推奨している訳ではありません。

心霊スポットには様々な危険があるため、行かれる場合はくれぐれも自己責任でお願い致します。

当ブログを利用した事により起こったいかなる損害、損失に対してブログ管理者は一切責任を負いかねますのでご注意ください。

当ブログの写真、文章等の著作権はブログ管理者にあり、無断転載、無断使用は一切お断りしています。

転載や使用を希望の方はお問い合わせページまでお気軽にご連絡ください。

出典をしっかりと明記して頂き、引用の範囲内であれば問題ありませんのでご自由にお使いください。