【心霊スポット】戦時中の遺体処理場が近くにある?魚切ダム。【広島県】

オカルト系
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

魚切ダム

今回は広島県にある魚切ダムに行ってきました。

1981年(昭和56年)に完成した比較的新しいダムです。

広島県の心霊スポットを紹介しているサイトを見ると必ず名前が出てくる有名な心霊スポットです。

戦時中の遺体処理場となっていた山が魚切ダムの近くにあるらしく、そのことが原因なのか心霊の噂が絶えません。

今回も心霊現象が起こるのか、魚切ダムを調査してみました。

ではどうぞご覧ください。

スポンサーリンク

◇魚切ダムの場所◇

場所は地図の通りです。

この場所にナビをセットして地図の通りに行けば迷うことなく着くと思います。

駐車場とトイレもあります。

◇魚切ダムの噂、心霊現象◇

魚切ダムの主な噂、心霊現象を集めてみました。

  1. 戦時中の遺体処理場となっていた山が近くにあり、全身の皮膚が爛れた霊や顔の崩れた霊が出る。
  2. オーブ(玉響現象)や人魂、手足が透ける等の心霊写真が撮れる。
  3. 体調が悪い時に魚切ダムに来ると一気に悪化する。
  4. 魚切ダムのトイレに霊が出る。
  5. 魚切ダムの近くにあるトンネルに女性の霊が出る。
  6. 交際を拒否した女性が追い詰められダムに落とされた。
  7. 暴力団が死体を捨てる場所になっていて、たまに死体が浮いている。

魚切ダムは沢山の噂があるようです。

一つめの戦時中の遺体処理場となっていた山が近くにあり、全身の皮膚が爛れた霊や顔の崩れた霊が出るという噂ですが、事実かどうか確認できませんでした。

広島県に原爆が落とされた時、そこら中に遺体が転がっていて処理に困っていたという話を聞いたことがあるのでありえそうな話ではありますが…

五つめの魚切ダムの近くにあるトンネルに女性の霊が出るという噂のあるトンネル。

名前は六本松トンネルといいます。

このトンネルでも心霊現象が多く報告されていて、トンネルを通ると後部座席に女性が乗っていたという話や取り憑かれそうになったという話もあります。

六本松トンネルにも行ってきたので後ほど紹介します。

七つめの暴力団が死体を捨てる場所になっていて、たまに死体が浮いているという噂も事実かどうか確認できませんでしたが、これに関係しそうな事件が2年程前にあったみたいです。

女性関係のトラブルで暴力団組員が20代の男性を呼び出し暴行するという事件がありました。
男性を車に乗せ手足を結束バンドで縛り、体や顔を複数回殴ったそうです。
車は魚切ダムに向かっており、恐らく処理しようと思っていたのではないかと思います。
しかし男性は魚切ダムから飛び降りなんとか逃げ出せたそうです。

こういう事件があると暴力団が死体を捨てる場所になっていて、たまに死体が浮いているという噂はもしかしたら本当なのかも?と思ってしまいますね。

それよりも魚切ダムから飛び降りて生還する男性の身体能力に驚きです…

◇実際に魚切ダムに行ってみた◇

ダムというと夜は街灯も無い山奥にあり、自殺や事件が多発する傾向があるのでどうしても心霊スポットになりやすくなってしまうんですよね。

今回の魚切ダムは事実かどうかは不明ですが、戦時中の遺体処理場となっていた山が近くにあり、全身の皮膚が爛れた霊や顔の崩れた霊が出るそうです…

想像するとかなり恐ろしいですが、実際に霊は出るのでしょうか?

 

魚切ダムに着くとすぐに大きな説明看板がありました。

魚切ダムのあらまし
八幡川は、その水源を東郷山から阿弥陀山にいたる標高900m内外の連山に発し、石内川を合流して瀬戸内海に注ぐ、流路延長18km流域面積83㎢の2級河川です。
魚切ダムは、八幡川の河口から11kmのところにあり、洪水調節、水道用水とかんがい用水の確保、発電の目的を持つ重力式コンクリートダムです。
・ダム地点の計画高水量毎秒420㎥のうち360㎥をダムで調節して、八幡川下流の洪水による水害を防ぎます。
・広島市佐伯区、廿日市市へ日最大水量73,000㎥の水道用水を供給します。
・八幡川下流のかんがい用水を確保します。
・ダムの放流水を利用して最大出力700kwの発電を行います。
〈窓龍湖の由来〉
当ダム湖は窓ケ山のふもとに位置し、雨の神「八大龍王」をあがめる意味から「窓龍湖」と命名されました。
散気装置
春から秋にかけて湖面に発生するアオコは水道水の異臭の原因となります。
散気装置から放出される気泡でダム湖に大きな上下対流を作り、アオコの異常発生を抑制します。
土壌浄化施設
ダム湖に流入する河川水はアオコの栄養となるリンを多く含んでいます。
河川水を土壌浄化施設でろ過してリンを吸着することにより、ダム湖の富栄養化を抑制します。

ダムの仕組みや形式?は詳しくないので何のことやらさっぱりです。

広島県は高度経済成長の影響により人口が急増したので、洪水調節や上水道供給、水力発電を目的として魚切ダムを築造しました。

1981年(昭和56年)に12年の歳月と169億円の費用を投じ完成したそうです。

 

魚切ダムの概要が書かれていましたが、あまり興味ないので…

 

魚切ダム竣工記念碑です。

 

ではダムを渡っていきましょうか。

昼間のダムなので雰囲気は全くありません。

むしろ景色も良いですし、周りは山に囲まれていて空気も美味しくて気持ち良いくらいです(笑)

魚釣り禁止と書かれている看板がありますが、ここの窓龍湖はバス釣りの穴場スポットらしいですね。

 

こちらが窓龍湖です。

ダムの堤高は79.8mです。

さすがにこの高さから落ちたら死んでしまいそうですが、意外と死なないみたいです(笑)

暴力団組員に暴行されて絶体絶命だった人がダムに飛び降りて逃げ切ったそうですしね。

過去に間違えて車ごと落下した人が無事生還できたという話もあります。

 

水が放流されていました。

放流している光景が見れるのは貴重なんですかね?

ダムの写真はこれで終わりです。

次は魚切ダムの近くにあるトンネルに女性の霊が出るという噂を確認していきましょう。

 

こちらが女性の霊が出るという噂のトンネルです。

名前は六本松トンネルといいます。

1976年に完成、延長162m、幅7.25mです。

見た目は至ってごく普通のトンネルです。

時間帯のせいか車通りが結構ありました。

車で通り過ぎてしまったのでトンネル内の写真は無いのですが、特に変わったことはありませんでした。

◇最後に◇

おどろおどろしい噂のある心霊スポットでしたが、特に何も心霊現象は起こりませんでした。

オーブ(玉響現象)や人魂、手足が透ける等の心霊写真が撮れるという噂ですが、いつもならよく写るオーブ(玉響現象)すらもありませんね。

山の中で街灯も少ないこともあり夜に来ればそれなりに雰囲気はありそうですが、心霊現象は期待できないでしょう。

では終わります、お憑かれ様でした。

コメント