投稿して頂いた怖い話「彷徨う老婆」

オカルト系
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

彷徨う老婆

【怪談朗読】彷徨う老婆【Coco】

タイトル:彷徨う老婆

ハンドルネーム:キッドさん

俺は看護師を22歳の時からやっており、かれこれ10年になります。

あれは3年前位に、ある老人介護施設で働いていた時のことです。

入社当初はまず入居者の名前を覚えることが重要で、分からない方は上司に聞いて確認していました。

そんなある日、入社して1週間位した時のことです。

ある白髪のお婆さんがシルバーカーを押しながら廊下を歩いていました。

その方はシルバーカーにクマのキーホルダーが付いているのと、顔の右頬にほくろがあるのが特徴的でした。

すれ違いざまに挨拶し、誰だっけあの人?と考えながら、上司に確認すると、上司は少し驚いた後、『君って霊感ある?』と聞かれたので、「はい。」と答えました。

実は俺は小さい時から霊感があり、日常的に見ていました。

上司はその特徴のお婆さんを知っており、名前を教えてくれたのですが、その後『その人は君が入社する2日前に亡くなった方なのよ。』と言いました。

クマのキーホルダーは孫からのプレゼントだった様です。

俺は「なるほど、だから覇気を感じなかったのか。」と納得しました。

霊感があると、霊が人と紛れてなかなか気が付かないことがあるので、たまに霊だと気付かず喋りかけてると、他の職員に『どうしたの?』と言われることがあります。

スポンサーリンク

◇皆様の怖い話を募集中◇

皆様の怖い話をブログに掲載、YouTubeで朗読させて貰えませんか?

当ブログ、当チャンネルでは皆様が実際に体験した怖い話、知人から聞いた怖い話、創作の怖い話を募集しています。

下記の注意事項に同意して頂ける方はお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

・他メディアからの盗作は一切禁止、完全オリジナルの文章でお願いします。

・他メディアで紹介していない話に限定させて頂きます。

・投稿して頂いた話を内容が変わらない範囲で修正、加筆させて頂く場合があります。

・投稿して頂いても必ず掲載される保証はありませんのでご了承ください。

皆様の投稿を心からお待ちしています。

コメント