投稿して頂いた怖い話「手招き」

オカルト系
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

手招き

【怪談朗読】手招き【Coco】

タイトル:手招き

ハンドルネーム:匿名希望さん

俺が中学生の時に実際に起こった話です。

当時とても仲の良かったAという友達がいました。

Aは明るい性格で運動も勉強もできるクラスの中心的な存在。

そのAと小学校の時から同じで、遊ぶのも勉強も何をするのも一緒で、いわゆる親友でした。

中学2年生の終わり頃、修学旅行の時期です。

修学旅行のルートは1日目に新幹線に乗って東京タワーや浅草の観光、その日は東京のホテルに泊まります。

2日目は静岡県と山梨県の富士山付近の観光でした。

行動を共にする班を決める時間になり、当たり前の様に親友のAと班を組み、自分とAの他にはBちゃんとC君がいました。

この時までは楽しい修学旅行が始まると思っていました…

1日目は何事もなく、その4人ではしゃぎ倒して、修学旅行を満喫していたんです。

不気味なことが起こったのは2日目の富士山付近の観光の時でした。

朝に富士五湖のなんとか湖で富士山を見てから、近くにある氷穴という所を見に行くことになったんです。

氷穴というのは鍾乳洞の様な感じの場所で、中は氷ができる位に低い気温になっています。

氷穴の歴史や説明を先生が話していました。

その時、Aはじーっと氷穴近くの木々が鬱蒼と茂る森の方を見ていました。

俺はAが何を見てるのか気になり、Aに「どうしたん?」ってちょっかいを掛けました。

ですが、Aは微動だにせず森の方を見つめたままです。

今度は身体を揺さぶりながら声を掛けたら、ハッとした感じでAは気付きました。

そうするとAが『あの森の木の間に帽子被ってニタニタ笑ってる女の人がいるの見えへん?』って木の間を指差して言ってきました。

俺がその木を見るんですけど、別に誰も居ないんです。

念の為に同じ班のBちゃんとC君に聞いても、同じく何も見えないと答えが返ってきました。

そのことを俺がAにいうと、『ほら、女の人が手招きしてる!』って言ってくるんですよね。

俺はいつも通りふざけてるんだろうなって思って、その場はそれで終わりました。

修学旅行も無事に終わり、何日かの休日を挟んで学校に行く日です。

俺は学校に着いたら、友達と修学旅行の時の話に花を咲かそうと楽しみにしていました。

ですが、学校に到着するとなぜか肝心のAだけがいません。

風邪でも引いたのかな?って思っていた時、先生が深刻な顔をして教室に入ってきました。

先生によるとA君は今日の朝、部屋で首を吊って死んでいたのが母親に発見されたというのです。

俺は衝撃を受けました。

Aは修学旅行も誰よりも楽しんでいて、悩んでる素振りも一切無かったのですから…

親友の俺にも何の相談も無く、なぜ自殺をしようと思ったのか、どれほど考えても分かりませんでした。

ですが、それから少ししてから俺は知ってしまいました。

氷穴の近くの森が、有名な自殺の名所の青木ヶ原樹海だということを…

ここからは俺の推測ですが、Aが見たという帽子を被った女の人は自殺した女性の霊で、Aはその女性に誘われてしまったんじゃないかって思うんです。

もし俺もその女性の霊を見てしまっていたらと思うとゾッとします…

スポンサーリンク

◇皆様の怖い話を募集中◇

皆様の怖い話をブログに掲載、YouTubeで朗読させて貰えませんか?

当ブログ、当チャンネルでは皆様が実際に体験した怖い話、知人から聞いた怖い話、創作の怖い話を募集しています。

下記の注意事項に同意して頂ける方はお問い合わせページからお気軽にご連絡ください。

・他メディアからの盗作は一切禁止、完全オリジナルの文章でお願いします。

・他メディアで紹介していない話に限定させて頂きます。

・投稿して頂いた話を内容が変わらない範囲で修正、加筆させて頂く場合があります。

・投稿して頂いても必ず掲載される保証はありませんのでご了承ください。

皆様の投稿を心からお待ちしています。

コメント